2010年04月03日

医薬品のネット販売規制は「適法」 東京地裁「合理性認められる」(産経新聞)

 昨年6月施行の改正薬事法で一般用医薬品(大衆薬)の通信販売が大幅規制された問題で、健康関連商品ネット販売大手2社が「規制は営業の自由の侵害にあたり憲法違反」として、国にネット販売継続の権利確認などを求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。岩井伸晃裁判長は「規制の目的が健康被害防止など公共の福祉に合致するのであれば、必要性や合理性が認められる」として訴えを全面的に退けた。

 提訴していたのは「ケンコーコム」(東京)と「ウェルネット」(横浜市)の2社。

 岩井裁判長は「ネット販売では購入者の状態を直接見聞きしたり、(販売が許可された)薬剤師など有資格者が販売しているかを確認したりすることが困難」と安全性の問題点を指摘。

 一方で、将来的に副作用に対する消費者の認識や情報通信技術などに変化が生じた場合は、「新たな状況に応じた規制の見直しが図られるのが改正法の趣旨にも合致する」として、現行規制の継続を永久に認める判断ではないと付言した。

 原告側は判決後の会見で、「国側の主張をなぞっただけの不当な判決」として控訴する方針を示した。

 判決によると、改正法は大衆薬をリスクに応じて分類。省令でビタミン剤などリスクの低い第3類を除き、毛髪薬など第1類と風邪薬や漢方薬、妊娠検査薬など第2類のネットなどでの販売を「危険がある」として禁じ、離島など一部のケース以外は対面販売を原則とすることを定めた。

【関連記事】
医薬品を無許可ネット販売、売り上げ1億円 ブラジル人の女逮捕
ケンコーコムが医薬品の世界通販
大衆薬のネット販売規制は… 厚労省の天下り確保!?
薬のネット販売規制は憲法違反 通販2社提訴
【衝撃事件の核心】ネットに氾濫する怪ダイエット商品の“効能”は
あれから、15年 地下鉄サリン事件

インサイダー取引で税理士ら4人に課徴金 最高で1127万円(産経新聞)
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」(産経新聞)
あす拉致被害者支援決議へ (産経新聞)
基地機能、5割超を県外移転=政府が方針−普天間移設(時事通信)
「ヘリ部隊、分散移転」 普天間 防衛相、県内外で検討(産経新聞)
posted by ハヤサカ ススム at 04:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

<グループホーム>スプリンクラー設置は約5割 7都県7市(毎日新聞)

 7人が焼死した札幌市の認知症高齢者グループホーム「みらい とんでん」の火災を受け、厚生労働省は26日、7都県と7市が把握するグループホームのスプリンクラー設置状況を発表した。計2078施設のうち設置済みは1013施設で、設置率は48.7%。未設置1065施設のうち、設置予定は530施設にとどまった。

 厚労省は、全国のグループホーム(約1万施設)のスプリンクラー設置状況などの防火体制を調査している。自治体に調査を依頼した際、大まかな現状を知るため、既に保有していた群馬県や兵庫県、長崎県、札幌市などのデータを集計した。

 09年4月施行の改正消防法施行令で、延べ面積275平方メートル以上の福祉施設にはスプリンクラー設置が義務づけられたが、既存施設には12年3月末まで猶予期間がある。【佐藤浩】

【関連ニュース】
札幌7人焼死:5人目の身元を確認 74歳の女性入所者
札幌7人焼死:「防火設備費に補助金を」小規模施設
札幌7人焼死:用途変更問題で立ち入り検査
札幌7人焼死:用途変えず開業か 防火審査の機逸す
札幌7人焼死:介護中に出火か 2人の身元確認

ギョーザ中毒 逮捕 注射器、下水道から2本 中国当局押収 針にメタミドホス(産経新聞)
首相VS亀井の「水掛け論」 郵政改革案で内閣大混乱続く(J-CASTニュース)
収賄の元みどり市課長に懲役2年=前橋地裁(時事通信)
岡崎城の東隅櫓が完成=愛知〔地域〕(時事通信)
父に殴られた15歳死亡=愛知(時事通信)
posted by ハヤサカ ススム at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。