2010年02月28日

<温暖化対策>原発、施策筆頭に…基本法案を3月に閣議決定(毎日新聞)

 政府が今国会に提出する「地球温暖化対策基本法案(仮称)」で、基本的施策の筆頭に原子力発電の推進が掲げられることが25日、分かった。連立政権を組む社民党への配慮から当初、明記を避けていた。しかし、発電段階で二酸化炭素を排出しない原発を考慮しないことに、閣内で異論が多く見直した。政府は関係省庁の副大臣級検討チームで調整し、3月上旬の閣議決定を経て国会提出する。

 原発の扱いについて、当初案は、蓄電池などと同等に次世代技術の開発を進めることのみ盛り込み、法案の概要説明資料で省いてきた。だが、政府内で温室効果ガスの「90年比25%減」という目標達成には、発電量の4分の1を占める原発の稼働率向上や新規建設は回避できないとの認識が高まった。そこで法案に「排出の抑制に資するため、原子力を利用するために必要な施策を講ずる」とうたう条文を排出量取引制度創設の前に置いた。

 再生可能エネルギーの導入目標は、当初案の「20年までにエネルギー消費量の20%程度」は実現可能性などから「供給量の10%以上」に改めた。排出量取引制度については法施行後1年以内をめどに創設するとしているが、経済産業省は企業活動を制約しかねないとして反発しており、政府内でさらに調整する。【山田大輔】

【関連ニュース】
雑記帳:ストップ温暖化『一村一品』 鳥取県北栄町が受賞
水蒸気量:「気温に影響」温暖化対策議論に波紋
温暖化防止:50カ国余、国連事務局に目標提出
温室効果ガス:モルディブの排出量20年までに実質ゼロへ
ビンラディン容疑者:批判の矛先、米国の温暖化対応に

「撮り鉄」運行停止捜査、大阪府警が実況見分へ(読売新聞)
協議概要、国会に報告義務=「国・地方」法案の全容判明(時事通信)
トカラ列島で震度3(時事通信)
抗真菌剤でライセンス契約―アステラス製薬(医療介護CBニュース)
おいしい・ヘルシー…お役所食堂の人気上昇(読売新聞)
posted by ハヤサカ ススム at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

<日弁連>「第三者委」でガイドライン(毎日新聞)

 企業や自治体が不祥事を受けて外部有識者で設置する「第三者委員会」の運用について、日本弁護士連合会(日弁連)が今春にもガイドラインを策定する。弁護士が委員になるケースが多いのに、調査結果がお手盛りで事実に即していなかったり、公表すらしない事例もあるためで、正確な情報開示の徹底を呼びかける。

 調査対象からの独立性を保つ▽報告書は原則公開し、説明責任を果たす▽調査方針を明確にし、組織の体質に踏み込む、などを盛り込む方針。策定に携わる国広正弁護士(第二東京弁護士会)は「第三者委を正常に機能させ、健全な市場と社会を築くべきだ」と話している。【鳴海崇】

【関連ニュース】
水俣病:第三者委で判定 国が提案、患者会側は前向き
御前崎港のクレーン故障:復旧、最短でも4月末 県、第三者委発足へ 
<年金の第三者委員会>

賭けの対象は「球児の熱戦」 賭博場を開いた組幹部ら逮捕 警視庁(産経新聞)
高校無償化 首相、朝鮮学校の「除外」示唆(産経新聞)
<乱気流>成田行きユナイテッド機が遭遇…けが人多数か(毎日新聞)
<警察庁>美容外科から情報提供協定…整形逃亡事件受け(毎日新聞)
<ガス田開発>中国強行なら提訴…政府、新対処方針伝える(毎日新聞)
posted by ハヤサカ ススム at 05:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

<選択的夫婦別姓>法務省が改正案概要 法相「覚悟決める」(毎日新聞)

 選択的夫婦別姓を盛り込んだ民法改正案の概要を法務省は19日、政策会議で与党議員に提示した。改正では、非嫡出子の相続差別解消なども併せて提案する。選択的夫婦別姓を巡っては亀井静香金融・郵政担当相が反対を表明して閣内の足並みがそろっておらず、改正案を今国会に提出できるかは不透明だ。しかし、実現に強い意欲を示す千葉景子法相は、同日の閣議後会見で「覚悟を決めてぜひやりたい」と述べた。

 改正案概要によると、選択的夫婦別姓が導入されれば、夫婦は婚姻時に同姓とするか別姓とするかを選択できる。いったん姓を決めたら変更はできない。生まれた子の姓はどちらかの姓に統一する。既に婚姻している夫婦も、法施行後1年以内に届け出れば別姓に変えられる。

 また、婚姻していない男女間に生まれた非嫡出子の相続分については、嫡出子と同一(現行は嫡出子の半分)とする。女性の婚姻年齢は、現行の16歳から男性と同じ18歳にそろえ、女性の再婚禁止期間を離婚後6カ月から100日に短縮する。関連する戸籍法も改正する。

 政府は改正案の詳細について検討を続けてきたが、内容は、法相の諮問機関である法制審議会が96年に答申した民法改正要綱と同じとした。当時は与党だった自民党から「家族のきずなを薄める」など反対意見が相次ぎ、法務省が法案提出を断念した経緯がある。一方の民主党は野党時代の98年以降、議員立法で提案を続けてきた。

 選択的夫婦別姓については鳩山内閣発足後の09年9月、千葉法相と福島瑞穂・男女共同参画相が法案提出に向けて意欲を表明した。政府は今国会提出予定法案に盛り込んだが、その後に亀井氏が「絶対に成立しない。法案提出もできない」と述べ、法案提出の閣議決定にも反対する姿勢を強めている。

 一方で鳩山由紀夫首相は16日「基本的には賛成している」と前向きな意向を示し、千葉法相は19日の閣議後会見で「大変大きな後押しになる発言。先頭に立っていただければ大変うれしい」と歓迎。亀井氏に対しても「いろんな角度からご理解いただく努力を続けている。私も覚悟を決めてぜひやりたい」と閣内の意思一致への決意をのぞかせた。だが亀井氏は同日夜、記者団に「国民新党は絶対反対。民主党がどんな手続きを進めても無駄」と改めて強調した。

 選択的夫婦別姓は世論の賛否が拮抗(きっこう)しているともされ、毎日新聞が09年12月に実施した世論調査では「賛成」が50%で「反対」の42%をわずかに上回った。与党内にも反対意見があるとみられる。【石川淳一】

【関連ニュース】
鳩山首相:夫婦別姓制度「基本的には賛成」
亀井静香氏:「夫婦別姓」にも反対表明
亀井金融相:夫婦別姓など2法案に反対
亀井金融・郵政担当相:「夫婦別姓」にも反対表明
北朝鮮・拉致問題:拉致担当相「金元死刑囚招きたい」 法務省に特例入国要請

<2人死傷>車がバイク2台に追突…殺人容疑などで男を逮捕(毎日新聞)
参院選1次公認、来月初め決定=「青木氏は時代的役割終えた」−民主・小沢氏(時事通信)
<小沢幹事長>「青木氏は役割終えた」…対抗馬の擁立会見(毎日新聞)
JR西幹部と接触の委員、再任せず 国交省(産経新聞)
<力士暴行死>「弟子ら信用できない」 名古屋高裁・控訴審(毎日新聞)
posted by ハヤサカ ススム at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。